ヨガまる先生のインタビュー ~三宅香織先生

おはようございます。

桜が満開となりましたね!

 

1つ1つは小さな花びらが薄ピンクに染まる姿は圧巻ですね。

が、今日からしばらく雨模様…?

週末にお花見を予定されている方、心配ですね。(私も・・・)

大気圧の様子が変わると良いのですが!

さて、ちょっと気を取り直して

今日のインタビューは三宅香織先生の登場です。

 

 

{A19F5E04-97B9-4874-BB15-B8217AC85AA6}

 

インタビューに交えて素敵な写真もお楽しみください照れ

早速スタートしましょう!

 

1.今の社会のなかでのヨガの存在(役割)はなんだと思いますか?

 

 ヨガ自体に『役割』はなく、ヨガはあくまでツールに過ぎないと思っています。

それをどう使うかは人其々、どう感じるかも其々に委ねて良いんじゃないかと。

 

皆さんには是非一度「自分にとってヨガって何なんだろう?どうしてヨガが好きなんだろう?」と目を閉じて黙想してみて頂きたいですね。

そこで浮かんだ答えから更に問答を繰り返して行くと自分の内側が色々見えて来てきっと面白いと思いますよ~。

そして是非、聞かせて頂きたいです。

 

ちなみに、私にとってヨガは「自分自身とRe-connectする為のツール」です。

 

-ヨガを学び始めた理由、指導者になろうとした理由はなんですか?

 

 インドが好きで好きで、です。

20代の前半ずっとヒッピーみたいな旅していたんですが、その中で出会った人達には随分インスパイアされました。

何ヶ月~年単位で旅を続けて行くと、出会う人達も段々コアな旅人が多くなっていって。

長期間インドを旅している人達、殆ど住んでいる様な人達は大抵インドの宗教や東洋哲学に傾倒している事が多くて、何気ない会話の中には学びから来る深い知識と経験からくる智慧が散りばめられていて本当に面白かった!想像するだけでどんな面白い話が聞けるんだろう~ってワクワクしませんか?

そういう人達の多くはヨガや瞑想の実践者でした。

だからヨガや瞑想へ惹かれていったのはとても自然なことだったと思います。

 

{D1AD3FE5-C8CA-4CCF-9B21-B02B182AE263}

 

 ヨガにも瞑想にも色々な流派、色々な先生、沢山のセンターもあって、本当に色々あれこれ受けてみましたね。全然面白くないのも勿論ありました。

でも、やってみると元々好きだった仏教の教えとリンクする点が沢山ある事が分かって。

練習を深める内にそれまでの人生で私が感じて来た事や経験のすべて…心の奥のしこりも、見いだせなかった答えも、自分でも分からない探し続けている“何か”も… 一見無関係に見える私のすべてが“ヨガ”という糸でスーっと繋がって意味を成して行く感覚がありました。あ、そうか。と腑に落ちたというか。

そんな感じでティーチャーになろうと思ったのも直感的に、あ、これだ。と。

 

{572049B2-546F-4078-8E29-6B9280FF14C5}

 

 

 エピローグとして、丁度私が帰国した2004年に雑誌「yogini」は創刊されました。

インドから成田空港に着いて家路へ向う途中、東京駅で本屋に並ぶ「yogini」を見た時、遂に日本にもヨガ来たかーっ!と。ああ、もうこれしかないね!と思ったことを覚えています。

すべてが自然で良いタイミングでした。不思議ですね。

  

 

 

 

-さて、今年は酉年です。先生の好きな鳥をイメージしたポーズはありますか?

 

そうですね、ピンチャマユラアサナ(孔雀の羽のポーズ)でしょうか。

 

孔雀が歩いている姿を見た事がある方は多いと思いますが、羽を拡げて飛んでいる姿を見た事がある方は少ないのでは?

 

インドでは野生の孔雀が見られます。

とっっても大きいんですよ!

羽を拡げて飛ぶ姿はハッと息をのむ美しさで神々しい!まるで手塚治虫の火の鳥みたいな感じで、何かキラキラしたものをまき散らしながら飛んで行くような。

孔雀は芸術や学問を司る女神サラスヴァティー(日本では弁財天)の乗り物なのですが、あぁ乗ってるね~と素直に思ってしまう美しさです。

 

 

この写真はバリ島ウブドでの一枚なのですが、背景の大自然とウェアがいい感じでちょうど孔雀カラー!照れ

 

 

{25113F1A-CC03-428E-8E44-6B98C58C8F71}

 

 

 

 

 

 

-最後に、今年一年どんなふうに過ごしたいですか。

 

ヨガを始めて10年以上立ちますが、ここに来てまた純粋にヨガが楽しい。

振り返れば今まで心のどこかに指導者なんだから出来て当たり前、もっともっと…という気負いがあったのかも知れません。

改めて初心に返りヨガを楽しみたいと思っています。

 

指導に関しては常々、積み上げて学びのあるヨガレッスンを提供出来るよう心掛けています。

それは日常に落とし込める実践的なヨガプラクティスです。

“学び”なんて聞くと、え…?難しそう…と敬遠されるかも知れませんが、ヨガスタジオに来ている75分間だけ気持ちが良くても意味がないですよね?なぜならそれ以外の時間、普段の毎日の方が人生の本番だからです。

そういったヨガの本質、こころのお勉強なんかをゆっくり時間を掛けて学ぶクラスなども開催したいなと思っています。

 

 
{D15385E7-5EF5-4EEB-8637-A6CE59FCEAE3}

※写真はTrueNatureのイベントの時の様子です。

 

大きな場でも活躍を広げている先生、今後も楽しみですねウインク

 

ヨガまるで受けられる香織先生のレッスンは

 

月曜 19:15-20:30   エナジーフロー

土曜 10:30-11:45  大人の休日ヨガ

 

ご予約はコチラから

 

ヨガまるスタジオ高円寺

杉並区高円寺南4-3-12

JR高円寺駅徒歩6分・丸の内線東高円寺駅徒歩9分

http://www.yogamaru.net

 

 

0 コメント

ヨガまる先生のインタビュー ~菅原歩美先生

3月もあと2日で終わり!

 

なんだか早すぎます!!

 

桜も開花宣言がすでにありましたし、このまま暖かくなってくれるといいのですが・・・音譜

ちょっと予断ならない今日この頃ですねあせる

 

さて、今日のヨガまるインタビューは、Ayumi先生です。

 

 

{6AB5A34D-E553-4012-AE9A-4588585BBB2D}

 

 

 

4月から日曜日の18時よりレギュラーレッスンが始まります!

 

今日はどんなお話が聞けるでしょうか。

 

早速スタートしましょうニコ

 

-今の社会のなかでのヨガの存在(役割)はなんだと思いますか

 

世の中のニュースでも今、“働き方”が社会問題になっていますが、朝早くから出社して夜遅くまで働いている人が多いですよね。私の兄弟や友達を見ていても仕事ばかりしているなぁ、という印象があります。健康のことを考える時間や、自分の体に向き合う時間などが全然とれていないなと感じます。ヨガは、自分の体と心と深く向き合える貴重な時間としての有効な存在だと思います。

 

―あゆみ先生はヨガにどうやって出会いましたか?

 

初めは、体を動かすきっかけとして、軽い気持ちでヨガスタジオの体験に行きました。ただ、ヨガを実際に体験してみたときに、少し難しく考えてしまっていたのですが、ある時であったヨガインストラクターと話していて、もっと難しく考える必要はないんだよ、“ただ気持ちがいい”“終わったあとすっきりしたなぁ”という感覚だけでヨガを受けていいんだよ、と言われてすごく腑に落ちる感じがありました。そこからは気軽にヨガを楽しめるようになりました。

 

―そこから、どうして教えてみようかなと思うようになりましか?

 

さっき少しお話したように、自分自身がヨガというものを“敷居が高いもの”というが感じでとらえていたのですが、私の周りにもまだまだたくさん同じように感じている友達がたくさんいて、例えば身体が硬いからとか男だからとか・・・そういった方々にこそヨガの良さを気軽に知ってもらえたらいいなと思うようになりました。そしてその機会を自分が提供できたらいいなと思うようになり、インストラクターの勉強を始めました。

 

―今年は酉年ですね。ご自分のなかで鳥のイメージ、そして好きなポーズはなんですか。

 

月並みかもしれませんが、私は鳩のポーズが好きです。とはいえ、手と足を頭の上でつなぐようなものはできないのですが、軽減ポーズでも十分に胸を開くことで気持ちが前向きになりますし、自分自身の股関節の可動域をもっと広げられたらという意味でもこのポーズが好きです。また、不安定な社会情勢のなかで“平和”という言葉も“鳩”には込められているのでこのポーズを選びました。

 

 

{364510BB-243F-41CD-A5BB-8C8CBCCD0C1C}



 

―最後に、今年1年どんな風に過ごしたいですか。

 

去年から少しずつヨガのクラスを増やしたのですが、昨年までは教えることだけで精一杯だったので、今年はもっとインプットを増やして肌でいろいろ感じたこと吸収してお伝えすることにつなげていったり、また本を読んだりしたいですね。 いろいろ体験することを増やしながら、今後の人生に生かせる年にしたいと思っています。

 

あゆみ先生、ありがとうございました!4月から始まる新しいレギュラーレッスン、楽しみにしています♪

 

あゆみ先生のレッスンは

 

毎週日曜18:00-19:15  ゆるヨガ (4月2日よりスタート!)

 

 

{84BB8493-2861-47DD-8DE6-C71902E6463C}


初心者の方も参加しやすいレッスンです。

ご予約お待ちしています😃✨✨ 
0 コメント

ヨガまる先生のインタビュー ~クミコ先生

今日は、冬逆戻りのお天気でビックリしています。

少し薄目のコートを引っ張り出した矢先ですが、またまた分厚いコートに戻ってしまいました。

春まであと一歩!早く暖かくなってほしいものです。

 

さて、今日は木曜20:15-のハタヨガベーシックを担当してくださっているクミコ先生の登場です。

 

 

レッスンでは、指導技術に加え、絶妙なお話やお人柄からリピータさんを魅了し続けている先生です。

 

今回はどんなお話が聞けるでしょうか?

 

-社会におけるヨガの存在(役割)とは何だと思いますか?


ヨガはもはや流行のフィットネスの一種ではなく、一部で限定的に支持されるライフスタイルでもファッションでもなく、まして神秘思想にからとめとられた秘儀や苦行といった類でもなく、
いつでもいつからでも誰もが当たり前に取り入れられるポピュラーな行為になったと思うんです。

 

その背景にはヨガの持つ「多様性の許容」があると考えます。

数千年もの間、様々な要求を満たしながら変化・発展し、世界中で大切に受け伝えられた
ヨガの叡智を(ヨガという「健康的な介入」を)、多くの人が実践し実感し、社会に認知され一般的になったんだと思うんです。

諸先輩方のお陰ですよね、ありがたいことです!

・どんな人でも(老若男女、健康状態、生活スタイル、)、
・どんな目的でも(痩せたい、精神鍛錬、セラピー、ストレスマネジメント、)、
・どんな実践方法でも(流派、スタジオやジム、クリニック、屋外、オンライン講座、)、

全ての人がなんの特別感もなく、もっともっと当たり前にヨガの恩恵を(健康的な介入を)享受できるようにますます社会に
浸透していくことが、これからヨガが果たしていく役割じゃないかと思います。

 

―ヨガをやる上で重要視しているポイントはなんですか?

 

「実践者であること」と、
「社会の中でフロウすること」の2つです。

わたしは週3回のペースで師匠のもとでも練習しています。
毎日マットに立ち、静かに座る時間も持ちます。たとえ5分でも。
また、ウェアを着てマットに立たずとも日常の中でも実践を行っています。
それは、

・イラッときた時
・グサッとした時
・モヤモヤする時

うつろうマインドを瞬時に客観視し、呼吸を整え、感情や思考をコントロールし、心の平穏と自由を取り戻す実践をします。
そういった練習の場はまだまだわたしの日常に溢れてて、日々実践です!ありがたや~ですね(笑)。

実践して得た気づきは知識や知恵へと変換され、わたしはわたしの持ち場で役割や責任を果たしながら(これ重要)、
どの瞬間も健やかにゴキゲンに過ごせるよう生かされています。

つまり家庭でも企業でもどこにいても、「ヨガの実践の中で日々を生きる」ということでしょうか。それを意識しています。

 

―ヨガを学び始めた理由はなんですか?また指導者になろうと思った理由やきっかけは何ですか?

 

ヨガそのものは小学生の頃にビートルズ経由で知りました。
なので当時は偏った本からばかり情報入手してしまい、「インド人のびっくり修行」とか「ヒッピーがやる神秘術」とかってずいぶんな認識でした(笑)。

あとTVで黒柳徹子さんがプールにぷかぷか浮かびながら「Dvi pada Sirsasana(ドゥイパータシールシャーサナ)」をやってらしたんですよ。
これ画像を貼ってもらえると助かるんですが(笑)、両足首を首の後ろにまわしてひっかけるポーズって言えば伝わりますかね?

 

―えーっと、あ!これですね!

 


あのトットちゃんが(古い)、あの声で「みなさま、ええ、ヨガは素晴らしいですよ~」とか言いながら凄いポーズをTVで披露してて
ヨガってなんだ?!と衝撃を受けましたねー。

 

ちょっと話がズレましたが(笑)、時を経て20代後半から運動不足の解消とストレスマネジメントを目的にアーサナやプラーナヤーマの練習を始めました。が、当時は今ほど講座やワークショップが豊富に開催されてなくて、もっとヨガを知りたいと思うとティーチャートレーニングを受講するのが最適でした。

なので指導者になりたいとは全然思ってなかったんですが、実践や勉強を積み重ねるうちに少しずつ、「ヨガを伝えたい」という気持ちが芽生え今に至ります。ヨガの素晴らしさの実感が沸点に達し、また素晴らしい指導者の先輩方との出会いも後押しになりました。
セラピーにおけるヨガの介入に興味を持ち始めたことも指導者になろうと思った理由のひとつです。

 

―今年の干支の酉年にちなんだ好きなポーズは何ですか?

 

足の親指をつかんで伸ばすポーズ、「uttita hasta padangustasana (ウッティターハスタパーダングシュターサナ)」です。
力強く立つ筋力、バランスを保つ集中力、伸びやかな背骨と上半身の広がり、優雅に行われる呼吸と躍動するエネルギー、
そういったものが感じられて鳥のイメージに近いですかね。
ま、バランスが取れずグラグラ・ワタワタする感じも生命感があって鳥っぽくて良し!です(笑)

 

 

―今年はどんなふうに1年を過ごしたいですか?

 

いつも機嫌良く過ごしたいです!

 

-はい、簡潔明瞭ですねw

 

 

―現在のクラスへの思いや今後についてお聞かせください。

 

わたしが担当するクラスは平日夜の遅い時間の開催ですが、熱心に通ってくださる皆さんのひたむきさにいつも心を打たれます。

ラマナンド・パテル先生という著名な指導者がいらっしゃるんですが、その方が「ヨガを単なる体操にしないで。人生には『問題』があるのではなく
ただチャレンジがあるだけ。できることを喜びなさい。人生は楽しい冒険です。」とおっしゃていたのですが、、わたしはその言葉が本当に大好きで、そんな気持ちを込めたクラスを心がけています。

 

 皆さんそれぞれの楽しい冒険において、ヨガという素晴らしい叡知を一緒に学べる機会を嬉しく思います。

 

クミコ先生のレッスン 毎週木曜日 20:15-21:30

 

 

ご予約は

https://www.yogamaru.net/lesson-schedule/

 

お問い合わせ

https://www.yogamaru.net/reservation-contact/

 

最後までお読みくださりありがとうございましたウインク

 

 

0 コメント

ヨガまる先生のインタビュー ~五十嵐実紗先生

今日は春が来た!と思わせるようなお天気ですね。

 

桜の開花が待ち遠しいです音譜

 

さて、今日のヨガまる先生インタビューは五十嵐実紗先生の登場です。

 

毎週金曜日のご褒美アロマヨガ(20:30-21:30) を担当しています。

 

{C1AFC1FA-9BEB-4639-9A1B-6B8E05B68A97}


お顔が正面から良く分かる写真が手元なく、何か送ってください、とお願いしましたら上のお写真を送ってくださいました。

何をしているのかイマイチ分かりませんがw ミサ先生らしい自然体でキュートなところがよく出ていますのでそのまま掲載しちゃいます照れ

 

さて、どんなお話が聞けるでしょうか?

早速スタートしましょう。

 

-今の社会のなかでのヨガの存在(役割)はなんだと思いますか

 

体へのアプローチはあるというのはもちろんですが、心へのアプローチというのが他のスポーツとは違うところかなと思います。では、その心の状態が良くなると考えた上で社会の中でどのように働いているかを考えてみると、ヨガは“人とのつながりをよりよいものにする”ことができるという点で役割を持っているように思いました。

 

ヨガを通して自分を理解していくこと、自分の感じていること、日々変化している心などを認識していくことで、たとえば人から言われて自分はこう感じたんだなぁ、と冷静に見ることで、その次に相手も同じように心が動いたんだなぁと感じることもできる、そういったプロセスを通して、自分を理解するということによって相手も理解していくことができるんじゃないかと思います。自分と相手との距離感だったり、相手の気持ちを思い図る力だったり、くっつくだけでなくたまには離れてみたり、自分から近づいてみたり、より繊細に綿密に距離のバランス感覚を保っていくことが、ヨガのプラクティスのなかで生かしていけることではないかなと思いました。

 

 

-ヨガを学び始めた理由はなんですか?また指導者になろうと思った理由やきっかけは何ですか

 

もともと私がヨガ(という考え方)に触れるようになったのは、タイへの留学がきっかけでした。そのときはヨガというものは全く知らず、伝統医療という項目で学びに行ったので、美容とも違いあくまで“医療”として学びに行きました。そのときはチェンマイのとてもローカルな村に行ったのですが、最先端なものと伝統的なものをうまく組み合わせて、どちらも共存していくという方向にタイという国全体が向かっていて、そのなかでも模範的な医療をその村でやっていたんですね。そこにステイして、まさにこれは日本でも必要だなと感じました。

 

―そしてヨガにつながっていくんですね。では、そもそも“伝統医療”を研究しようと思ったきっかけというのはありますか。

 

大学の研究テーマとしては幅広く選択できたんですが、自分には”貧困“や“人身売買”などの重たい研究テーマは無理だなと思いまして、その中でもともとマッサージなどを受けたりするのが好きだったので、そこから初めは、少しその技術を学べたらいいなと思ったり、本場のタイでそれを受けたらどうかな、という割と不純な動機だったんですね(笑)

 

―なるほど(笑)

 

ただ、研究テーマにするとなったら、マッサージの技術を学ぶというよりは、国でどのように医療として使われているかというう視点で村に入っていって、そしたら気持ちいいとか自分が受けたいという気持ちはそっちのけになって、実際に手足が不自由な方がいらして、今までたくさんの薬を出されたけれども全然よくならなくて、すごく遠方から来る方もいらしたのですが、そこでトリートメントをうけることで本当に回復していく様子を目の当たりにしたんですね。その経験から、すごくふんわりした興味からもっと深いところに興味が変わっていきました。

 

―実際にお手伝いをさせてもらったりしたのですか

 

はい、私しかいなかったのですが、実際にハーブトリートメントなどもお手伝いしながら学ばせていただきました。その時、そこに留学したのは私が初めてだったので大学の先生もすごく調べてくださったようです。

 

―そうなんですね。そこからヨガに繋がっていったわけですか?

 

そうなんです。その留学で経験したことをがばっと日本に持ち込めたらいいなあと思ったんですね。実際伝統医療だけでは賄えない部分は近代医療で賄っていく必要もでてくると思ったので、日本の中での“伝統医療と近代医療の融合”というものを受けられる場所があったらいいなと。タイで接した患者さんを診て、体の健康と心の健康というのは切っても切り離せないと実感しました。薬で体がよくなったとしても、自分が苦しい思いをしていると前向きに治療したいとも思えなくなるとある患者さんがお話していて、やはり気持ちも一緒に前向きに、体も心もついていった治療をしていかなければいけないんだなぁと思ったんですね。そこで、日本に持ち込むことを考えたのですが、ハーブトリートメントやマッサージかなと思ったのですが、やはり日本で仕事を探した時には、そういった施術は“美容”という範疇でしか探せませんでした。そんな中でたまたまホットヨガのLAVAに足を運ぶことがあって、ヨガは自分のペースでできるし、覚えたら自宅でもできるのもいいなと思いました。

 

―なるほど。それでLAVAの会社に新卒で入社してみようとまで思ったわけですね。

実際に、その中に入って指導をするようになってどうでしたか。ご自分が思っていたのと現実とのギャップみたいなものはありましたか。

 

ありましたね(笑)やっぱり、どんなにヨガであっても美容目的が強いなと思いましたね。ダイエットや肌がきれいになりたいという目的の方が多かったですので、そこでのギャップを感じました。

 

―なるほど。そこから常温のヨガを指導する今に至るまでにはどんな変化がありましたか。 

 

LAVAに入った当時は、ヨガについて深く知っていたわけではないのですが。そこからヨガの哲学やアーサナの奥深さに触れて、そういった中で、自分の根底にある目的はヨガをお伝えしていくなかできっと体現できる!という確信に変わっていきました。そこから改めて国内、スクールで勉強しなおし、さらにインドのアシュラムでも勉強を深め、現在の指導スタイルに至ります。

 

―さて、今年の干支は酉年です。好きな”鳥”にちなんだポーズは何ですか。鳥のイメージとともに教えてください。

 

鳥のイメージとしては、空を優雅に飛んでいるイメージがあって、私の鳥のイメージはまっすぐ飛んでいるというわけでなく、逆さになったり回ってみたりしていたとしてもブレないところが優雅だなと思うところです。そういったイメージからいうと、“ウルドゥヴァダヌールアーサナ”が私の鳥のイメージとしてフィットしています。

 

―なるほど!

 

というわけで、やっていただきました♪

 

{4FE64E30-B66D-4CE0-8658-D687BDF5DA70}

 

―最後に、今年はどんなふうに1年を過ごしたいですか。

 

LAVAを退職してフリーで活動して2年目になるのですが、1年目はインドにいってヨガを深めてヨガの神髄を多くの人に伝えたいという思いで実践し1年を過ごしたのですが、今年はもっと“質を上げていきたい”と思っています。今までも、一応相手のことを考えてヨガをお伝えしてきたつもりなんですが(笑)、今年はもっと相手が呑み込みやすいように指導を工夫していけたらと思っています。また、季節に寄り添ったプログラムや生徒さんの今日の状態をお聞きしながら、今この瞬間を見つめられるクラスにできるような“質”を上げていきたいと思います。

 

―ぜひそうなるように応援しています!みさ先生、お忙しい中ありがとうございました!

 

五十嵐実紗先生のレッスン 毎週金曜 20:30-21:30 ご褒美アロマヨガ 

 

0 コメント

ヨガまる先生のインタビュー  ~髪林靖子先生

続きを読む 0 コメント