ヨガまる先生のインタビュー ~ウスキサヤカ先生~

あと一週間足らずで3月!

 

乾燥していたお天気も今日は潤いの雨ですね。

 

今日のインタビューは、ウスキサヤカ先生です。

 

バリやインドに度々出向いてアクティブに学びを深め、さらに下のようなユーモアある写真まで自分で撮影してしまう多彩な先生です。

 

 

 

どんなお話が聞けるでしょうか?

 

では、さっそくスタート!

 

―社会におけるヨガの存在(役割)とは何だと思いますか。

 

この問いに対する答えは、その人が「ヨガに何を求めているか」によって、様々に存在すると思います。

 

ストレス解消や気軽な健康法としてのヨガも在るでしょうし、修行僧のように「ストイックに心身を律するため」のヨガも存在するでしょう。美意識を高めるための「ヨガ」だって、間違いでないと思います。

 

わたしのレッスンにおいては、ヨガを「日々を丁寧に生きる手段」「自己調整の手段」のひとつとして、皆さんにお伝えしています。

 

日常を、漫然と過ごしてはいないか?

頭の中が落ち着きなく、とっ散らかっていないか?

思考のクセや行動パターンが、凝り固まっていないか?

 

このようなことをチェックするツール、いわば「気づきのための道具」としての役割を、ヨガに担ってもらっています。

 

ヨガは、ご自身をゼロに戻していく時間であり、中心軸を取り戻していく作業です。

 

ヨガには、肉低的な左右差を整えるだけでなく、偏ってしまった思考のクセや、凝り固まってしまった行動パターンを、ニュートラルに戻していく力があります。

 

現代社会においては、ヨガのこの側面が強く求められていると考え、レッスンにおいても、この点を大切にヨガをお伝えしています。

 

ただし先にも述べたように、ヨガに絶対的な答えを求める必要はありません。それぞれの環境や自分のライフステージにあった「ヨガ」を楽しんでいただけたらと思います。

 

-ヨガを学び始めた理由、指導者になろうとした理由はなんですか?

 

 ヨガを"はじめた"理由は、ずばりダイエット。社会人を経て大学院に入学したところ、ストレスと運動不足のため10kg増量…。これがきっかけでヨガをはじめました(即物的な理由ですみません…)

 ヨガを"学びはじめた"理由は、「ヨガとは何か」を探究したくなったから。もともとわたしは、極度の"お勉強好き"。知識欲が満たされることに、このうえない喜びを感じるタイプの人間です。アーサナ(ポーズ)だけではない、体系的なヨガの知識に触れたくて、能動的にヨガと関わるようになりました。

指導者となった今でも、国内外で定期的にトレーニングを受けるほか、生徒として好きな先生のヨガレッスンに出るたびに、シークエンス(クラスの流れ)をせっせとノートにまとめています。学んでも、学んでも、決して尽きることがないヨガの世界。結局こういうところが面白くて、ヨガに深くハマったのだと思います。

  

-そこから"指導者"になろうとした理由はなんですか?

 

 ヨガを学び、実践するうちに「ちょっとしたことで身体が整う」「心も軽く穏やかになる」瞬間を何度も体感しました。

ヨガや中医学の叡智を、自分のためだけに使うのは、もったいない。より多くの人に実感してもらいたい・・・この想いが高まって、ヨガ講師として生きる覚悟を決めました。

-さて、今年は酉年です。先生の好きな鳥をイメージしたポーズはありますか?

 パッと思い浮かんだのは、バカーサナ(ツルのポーズ)とエカ・パダ・ガラヴァーサナ(一本足の賢者のポーズ)。どちらもアームバランスのポーズです。

 

 

(上)バカーサナ (下)エカ・パダ・ガラヴァーサナ

 

 

 

ポーズに入るとき、足先をマットから離す瞬間は、いつも大空に羽ばたく鳥をイメージしています。肩甲骨から翼がバサッとひらき、ふわっと優雅に重力から解放される・・・そんなイメージです。実際は鼻息荒く、腕もプルプルしていますが。

 

バカーサナのポーズは、レッスンでも取り入れています。皆さんお上手にできていますよ!

 

陰ヨガのクラスでは、グラウンディングを大切にしているので…。ハタヨガクラスでは、時にアームバランスのポーズに挑戦し、重力と肉体が拮抗するギリギリのバランスを楽しんでもらっています。

 

鳥のように万有引力にだって逆らって、軽やかに、しなやかに、俯瞰の視点を忘れずに生きていきたい。そんな気持ちを思い起こさせてくれる、大好きなポーズです。

 

-最後に、今年一年どんなふうに過ごしたいですか。

 

今年は「再確認」の年にしていきたいと考えています。

 

ありがたいことにレッスンは常連さんのご参加も多く、お会いするとホッとするし、わたし自身もくつろぎます。一方でご新規様とは、単純にお会いできることが楽しみ!そしてその新鮮な反応を通して、ヨガの素晴らしさを再確認しています。

 

生徒さんのヨガが深まれば深まるほど、ついつい夢中で掘り下げてしまいたくなるのですが・・・そんな時ほど、一度立ちどまって、ヨガをする楽しみや喜びを、よりシンプルにお伝えし直したいと考えています。

 

レッスン終盤のシャバーサナ中には、皆さんの上に、深いグラウンディングの光が降り注いでいるような、そんな気持ちになることがあります。クラスのエネルギーが高まるときは、講師として最高に幸せな瞬間です。

 

今年もその瞬間を、生徒の皆さんとシェアできるよう、精一杯努めてまいります。興味がある方は、ぜひお気軽に足をお運びください。ひとりでも多くの方に、ヨガの素晴らしさをご体験いただければ幸いです。

 

{406AECF9-01F0-4AB0-88C6-CD714CF56315}

 

 

 

サヤカ先生、ありがとうございました!

 

知的な感性を持ち、かつ、きめ細やかな気遣いのできる優しい先生です。

今年もたくさんの生徒さんを魅了してくださいハート

 

サヤカ先生のレッスンは

 

毎週水曜日18:45-20:00

毎週土曜日17:00-18:15

 

詳しいレッスンスケジュール&ご予約はこちらから

https://www.yogamaru.net/lesson-schedule/

 

メールでのお問い合わせ&ご予約はこちらから

https://www.yogamaru.net/reservation-contact/

 

 

0 コメント

ヨガまるの先生インタビュー ~林田寛子先生~

今日は、火曜日の産後ママのための肩腰痛セラピーヨガを担当してくださっている林田寛子先生のインタビューをお届けいたします。

 

癒しオーラ抜群のHiroko先生キラキラ どんなお話が聞けるでしょうか。

 

続きを読む 0 コメント

ヨガまるの先生インタビュー ~安福祐佳先生~

続きを読む 0 コメント

ヨガまるの先生インタビュー ~和田美樹先生~

早いもので2017年が始まって1か月が経ち、2月に突入。

 

今年の新しい企画として、もっとヨガまるの先生方を身近に感じてもらいたい!という思いから、先生方にインタビューをすることになりました。

 

普段なかなか時間が合わなくて会えない先生方のことも、ちょっぴり興味を持っていただくきっかけになればいいなぁと思います。

 

またこれからヨガまるでレッスン受けてみたいと思う方の参考にもなればうれしいです。

 

トップバッターはヨガまるで木曜のマタニティークラスを担当してくださる和田美樹先生です。

 

質問は4つ。先生方には全員同じ質問をしています。

 

さて、どんなお話が飛び出すでしょうか? 

 

 

続きを読む 0 コメント